手芸初心者の方には編み物がおすすめ

手芸初心者の方には編み物がおすすめ

新しい趣味を始めるにあたり手芸を選ぶ方が多くいらっしゃいます。手軽に始められて、いろいろなものが作れるのが大きな魅力です。パッチワークや刺繍も楽しみはたくさんありますが手芸初心者の方には編み物をお勧めします。

やり直しができるので何度でも練習ができる

手芸の中でも編み物は失敗しても何度でもやり直しが可能です。縫った後の糸をもう一回ほどいて再度縫うのは難しいため、一度使った糸はどうしても捨ててしまうことになります。ハサミを入れてしまった布は言うまでもありません。毛糸やレース糸など編み物であればほどけば同じ糸をもう一度使うことができます。正しく編めているときほど引っ張るだけでほどける編み目になっているはずなのでほどくことで自分の編み方の点検にもなります。ただし、編んでほどいてを繰り返すうちに糸が痩せてくるので練習用の糸を一つ用意して様々な模様に挑戦しましょう。実際に作りたいものは本番用の糸で作ると厚みのある糸をそのまま使うことができます。

編み物は慣れれば意外に簡単になる

単純なパターンの繰り返しで作品ができてしまうのも編み物の魅力です。一定の記号や目の数え方のルールを覚えてしまえば後は繰り返すのみです。労力と時間は必要になりますが難易度は高くありません。それぞれの段の始まりと終わりさえしっかり押さえておけば数えながらどんどん編み進めることができます。同じ編み目でも色味や糸の素材が変わると全く違った印象になります。一つできたら素材や色を変えて同じものを作ってみましょう。一種類の作品を作る間にその作品に使った編み方をマスターできるので次の作品を作る際に応用が利くのも面白いです。

慣れてきたら作った模様を楽しめる作品に挑戦する

レース編みやニット編みになると作った模様自体が美しいものになります。小さいものはコースターやブックカバー、大きなものになるとテーブルクロスやカーディガンなど模様を見せる作品を作ることができます。大きなものも小さなモチーフをつないで作れるものがあります。編むにつれ重くなり扱いが難しくなるのが大きいものの難点ですが最後のつなぎだけであれば比較的簡単に作ることができます。編み目の綺麗さが直接問われるタイプの作品になるので慣れてこないときれいなものを作るのは難しいです。それでも編みながら徐々に模様が出来上がっていくのを楽しめるので達成感は大きなものになります。

まとめ

作品を選ぶ際には実際に自分で使うものにすると意欲も増します。ただし、洋服など季節の決まっているものは着る時期を逆算して作成し始める必要があります。秋から冬にかけて使うものであれば夏の終わりには作り始めましょう。無理をせず自分のお気に入りを自分で作る喜びを楽しんで下さい。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる
手芸の種類は糸や毛糸を使うもの
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸のアップリケは糸とアイロンがある
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドを販売する場所の確保方法
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイド作品を委託で販売してもらう
ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ
ハンドメイドのエプロンはデザインが大事