手芸のアップリケは糸とアイロンがある

手芸のアップリケは糸とアイロンがある

手芸として知られているのがアップリケです。いろいろな布を縫い付けることで、立体的に表現をすることができます。糸を使うのが面倒な人には、アイロンを使う簡単な方法が良いかもしれません。糸よりも簡単に行うことができます。

単に補修をする目的だけではない

洋服などを着ていると破けることがあります。その日はそのままでも、それ以降破けたまま着ることはないでしょう。諦めて捨てるか補修をするかになります。補修をするときに行われるのが、同じような布をあてて破けた部分を隠す方法です。手芸のアップリケは、元々は衣類の補修から始まったとされていて、非常に歴史が古い手法とされています。今でも、子供用の洋服で穴の開いたところにデザインされた布を貼り付けることがあります。ただ、現在は芸術的な目的で行われることも多くなっています。布の上に立体的に布が重なるために、通常の布とは異なる趣になります。

子供の衣類や持ち物などに行うことが多い

子供の衣類などを用意するとき、通常はそのまま買ってきて着せたり、持たせたりします。子供はものを無くしやすいですから、必ず名前を書いておきます。それ以外に何か目印があれば、忘れにくくなりますし、忘れても見つけられます。そこで行うのが手芸で知られるアップリケです。目印になるようにつけておくと、他の人と同じようでも区別が可能になります。よくあるのは、お母さん同士で作り合うことです。ですから、学校などでそれぞれのカバンにいろいろなものが付けられていることがあります。お母さんも、子供のためとのことで一生懸命に作ることができます。

縫うタイプと接着させるタイプがある

布に何かを縫い付けるときは糸を使います。糸で縫うとき、針に糸を通したり、糸を結んだりしないといけません。また、糸が絡むことがあります。絡むと使えなくなるので、糸が無駄になってしまいます。手芸のアップリケは、通常は糸を使って縫い合わせる方法を取ります。もっと楽に行える方法はないかですが、アイロンを使って貼り付ける方法があります。熱を加えると溶ける糊の素材があり、貼り付けたいところにアイロンで当てるようにします。アイロンの用意などは必要になりますが、押し当てるだけできれいにつけられるので、非常に手軽です。

まとめ

手芸の一つとしてアップリケがあります。元々は布の補修をするために行われていましたが、子供用品などにデコレーションする等が流行っています。糸で縫い合わせる方法が一般的ですが、アイロンで貼り付ける方法も使うことができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる
手芸の種類は糸や毛糸を使うもの
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸初心者の方には編み物がおすすめ
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドを販売する場所の確保方法
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイド作品を委託で販売してもらう
ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ
ハンドメイドのエプロンはデザインが大事