ハンドメイドを販売する場所の確保方法

ハンドメイドを販売する場所の確保方法

手芸や造形など、ハンドメイドの趣味を持っている人たちは多いです。作った作品を自分で楽しむだけではなく、人に見てもらったり売ってお小遣いにしたいという場合、ネット販売や雑貨市への参加などの方法があります。

自分のネットショップを作って販売する

記事のイメージ画像

ハンドメイド品をインターネット上で売る場合、自分のネットショップを持つ方法と、委託先に売ってもらう方法と、オークションで売る方法があります。プロとして本格的に作品を売りたいという場合、自分のホームページを作って、そちらで売る方法があります。ホームページに作品を載せて、注文が入ったら発送します。ショッピングカートを借りるとより本格的な仕様になります。ショッピングカートはネット販売に特化しているので、注文管理や決済の取り扱いなどが楽に行えます。また、セキュリティがしっかりしているのも特徴です。無料で借りられるものから有料で借りられるものまであります。

委託販売やネットオークションでの販売

ネットで作品を売りたい場合、委託販売する方法もあります。ハンドメイド品などを取り扱っているサイトで、委託募集しているところに代わりに売ってもらうのです。手数料はとられますが、顧客とのやりとりなどの繊細な作業を代行してもらうことができます。注文が入ったら自分の家から発送する場合と、あらかじめショップに商品を預けておく場合があります。プロとして屋号を持って活動するほどではない場合、ネットオークションへ出品するという方法もあります。ネットオークションはネットショップを持ったり委託するよりも気軽に販売を始められるというメリットがあります。

ネット以外で直接商品の販売をする方法

インターネットを通じて売らずに、直接お客さんに商品を売るやり方もあります。その場合は、どこかのショップに委託販売して売ってもらう場合や、雑貨市やフリーマーケットなどに参加して自分が手渡しで売る場合があります。委託販売のメリットは忙しい人でも代わりに売ってもらうことができること・自分の店を持つ必要がないことなどです。デメリットは委託料がかかること・作品のレベルによっては売ってもらえないことなどです。直接手渡しで売るメリットは、委託料がかからないこと・お客さんの喜ぶ顔を直接見ることができること・自分の納得できるディスプレイができるところなどです。デメリットは、時間を拘束されること・自分が出向ける場所以外での出店ができないことなどです。

まとめ

ハンドメイド品を売る方法は、ネットで売る方法と直接売る方法の二つに大別できます。その中でも前者はネットショップ・委託・オークションに分けられます。後者は店に委託・雑貨市やフリーマーケットで手渡しで売るに分けられます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる
手芸の種類は糸や毛糸を使うもの
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸初心者の方には編み物がおすすめ
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸のアップリケは糸とアイロンがある
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイド作品を委託で販売してもらう
ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ
ハンドメイドのエプロンはデザインが大事