皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます

皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます

バッグは荷物を入れるための道具と考えるのではなく、オシャレを演出するために利用する方が多いアイテムです。もしも、洋服だけではなくバッグでも自身を表現したいのなら、オリジナルで作製することも考えてみてはどうでしょう。

ハンドメイドならデザインが自由に

素敵なバッグが欲しいと感じたときには、お店に買いに行くのが一番簡単な方法ですが、ハンドメイドで作ることも考えましょう。努力次第では、どのようなデザインのバッグでも作れますので、人とは違ったオシャレをしたい方にはハンドメイドがとてもおすすめです。ハンドメイドに利用する素材は、布と皮革が代表的だといえるでしょう。それぞれの素材は必要な技術や道具がまったく違うため、事前に何を作りたいか考えておくことが大切です。なお、どちらでハンドメイドするとしても、数多くのレシピが存在していますので、そちらをアレンジすればオリジナルのバッグは簡単に作れるでしょう。

布で作製するならミシンは必須です

布を使ってハンドメイドのバッグを作製する場合は、ある程度自動で縫ってくれるミシンが大活躍してくれるでしょう。もちろん、手縫いでも作製できますが、見た目やスピードが全然違いますので、機械に頼れるところは遠慮せずに頼ってしまったほうが出来が良くなります。なお、ミシンを選ぶのなら、色々な製品を比較してから購入したほうが無難です。現在では5000円未満で購入できるような機器も販売されていますが、それでは力不足の場合が多いからです。ミシンの中には刺繍までやってくれる高性能の製品もありますので、値段ではなく求める完成度で購入しましょう。

レザークラフトは基礎から始めましょう

記事のイメージ画像

皮革を使った本格的なバッグを作りたいならば、まずはレザークラフトの基礎から学ぶ必要があります。布の場合はいきなりバッグに挑戦するのもおすすめできるのですが、技術が身についていない状態で本革を使うのは無謀といえるからです。素材の皮革自体もそこそこの値段がしますので、まずは小物などからなれていきましょう。現在ではレザークラフトの教室も存在しているため、そちらで技術を学ぶのもおすすめできる方法です。かなりの手間がかかると感じるかもしれませんが、革のバッグは布にはない魅力がありますので、興味があるならチャレンジしましょう。

まとめ

オリジナルのバッグを作製したいのなら、布と皮革を使ってハンドメイドすることを推奨します。布を利用する場合はミシンを購入して、皮革を利用するのならレザークラフトを基礎から学んでいくと、素晴らしい完成度の作品が作れるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる
手芸の種類は糸や毛糸を使うもの
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸初心者の方には編み物がおすすめ
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸のアップリケは糸とアイロンがある
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドを販売する場所の確保方法
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイド作品を委託で販売してもらう
ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ
ハンドメイドのエプロンはデザインが大事