ハンドメイド作品を委託で販売してもらう

ハンドメイド作品を委託で販売してもらう

趣味のハンドメイドが高じてオリジナル作品をたくさん作れるようになったらぜひ販売を検討してみましょう。自分で売る体制を作るのも手ですが手間がかかることを高いハードルと感じられるかもしれません。そんな方はハンドメイド商品を代わりに売るお店を頼りましょう。

預けるお店の立地を検討しておく

委託する先を探すのはそれほど難しくありません。オンラインで随時作家さんを募集しているお店もありますし、気になるお店があるのなら店頭で作家募集をしていないか聞いてみましょう。ただし、お店は普段の生活圏内で探すことをお勧めします。委託販売といっても売れた商品を補充する必要がある上に、定期的に委託先のお店の方と話したほうがよいこともあります。いざお店に並べてみると他の作家さんの傾向や販売価格など参考になる情報もたくさんあります。お店によってはスペースの提供のみでディスプレイは自分で実施する必要がある場合もあるので管理を考えると簡単に行ける範囲にしておくのが賢い選択です。購買力を高い町を選んで売り上げにつなげる選択ももちろん可能ですが自分の苦労と比べて検討する必要があります。

委託先のお店に手数料を払うことを想定しておく

記事のイメージ画像

委託先のお店にはスペース料または販売手数料を払うのが一般的です。スペース×期間で料金を支払う場合はそのスペースを最大限に活用しましょう。単に作品を並べるだけでなく組み合わせての利用方法など利用のイメージが膨らむと購入してもらえます。利用用途が分かりやすくなる展示を心掛けましょう。販売手数料は作品が売れるごとに売り上げから一定の金額がひかれる形になります。売れない限りは手数料がかからない負担の少ない形態ではありますがうっかりしていると預けっぱなしになりがちです。販売手数料の形式でも自分でスペースを管理するくらいのつもりでいましょう。

在庫を自分でコントロールする必要がある

委託販売なのでお店が請け負ってくれるのはあくまでも販売部分のみです。作品の質や在庫には自分が責任を持つ必要があります。並んでいるものを売るだけのスタイルであればそれほど問題にはなりませんが同じものをある程度の期間並べておくスタイルを選ぶと在庫が必要です。ハンドメイドであるがゆえに、売れてから作っていては間に合わないので在庫として持ちたい個数分の材料費が先に出ていきます。複数のお店に依頼をするとそれも踏まえてコントロールする必要があります。後から在庫だけが膨らむことがないようにきっちり管理しましょう。

まとめ

趣味から発展したものでも販売を始めると作品は立派な商品として見られます。人気が出れば売り上げが上がりますが作るのが大変になるのも事実です。ハンドメイドに割ける時間と作れる個数を判断しましょう。無理のない委託販売を続けられれば安定した収入も夢ではありません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる
手芸の種類は糸や毛糸を使うもの
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸初心者の方には編み物がおすすめ
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸のアップリケは糸とアイロンがある
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドを販売する場所の確保方法
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ
ハンドメイドのエプロンはデザインが大事