ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る

ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る

趣味のハンドメイドにずいぶん慣れてくると次の段階としてオリジナルの商品を作って売ることを考える方もいらっしゃるでしょう。うまく売れれば次の材料費が手に入る上に場合によってはいいお小遣い稼ぎになることもあります。納得いく作品が作れたら売ることを考えましょう。

店頭で売れるところに作品を持ち込む

一番簡単な売り方は自分でフリーマーケットに参加して売ることです。値段も自分で決めることができる上に、その場にあるものを売り切ってしまえばいいので在庫や納期を考える必要がありません。フリーマーケットに来たお客様に販売をすればいいので特別に宣伝も不要です。買う方にもその場で商品を手に取って見てもらえるため、売れる確率が上がります。買う方の意見を次回の作品制作に活かすこともできる貴重な機会となります。自分で在庫や納期の管理がある程度できるならばハンドメイド作品を集めて販売しているお店に話を持ち掛けてみましょう。編み物や縫物などジャンルをそろえる必要はありますが在庫を預けておき、売れたら手数料分を引いて売り上げを受け取れるので自分で売る手間が省けます。

オンラインで幅広い人に作品を見てもらう

売り方は店頭ばかりではありません。オンラインで販売することも可能です。自分でHPを立ち上げるのも手段の一つですがすでにあるハンドメイド作品を売れるサイトを活用するのが賢いでしょう。決済方法や個人情報の取り扱いなど個人では難しい部分をサポートしてもらえます。オンラインでは商品を手に取って見ることができないので上手に写真を撮って作品をアピールしなければなりません。実際の利用シーンを想定したり写真の撮り方など違ったテクニックが要求されるので宣伝まで楽しむくらいの心意気が必要です。もちろん全国の方に作品を見てもらえるので販売の口は広がります。余裕があればリクエストを受け付けてオーダーメイドで作成し、買ってもらうのも面白い試みです。

同じものをたくさん作れる状態を整える

売るにあたって同じ作品をある程度たくさん作れる体制を作る必要があります。同じ型紙を残しておくこと、作り方をメモしておかないと同じものを作ることができません。特にオンラインでは掲載しているものと、実際のものが異なるとトラブルのもとになります。ハンドメイドなので全く同じものを作る必要はありませんが色やだいたいの大きさなどはそろえる必要があります。販売してしまったあとでは元の作品が手元に残っていないこともあり、思い出すのも一苦労です。思い出しながら作るよりはきちんと作り方を残しておくほうが効率がよくなります。

まとめ

ハンドメイド作品を売ることが珍しくなくなっているので販売経路もいろいろと用意されています。同じ作品を作る人や作品を買ってくださる方など様々な方とコミュニケーションが取れるのも販売をするメリットといえるでしょう。自分に合った売り方を見つけて無理なく楽しんでください。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる
手芸の種類は糸や毛糸を使うもの
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸初心者の方には編み物がおすすめ
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸のアップリケは糸とアイロンがある
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドを販売する場所の確保方法
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイド作品を委託で販売してもらう
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ
ハンドメイドのエプロンはデザインが大事