ハンドメイドのエプロンはデザインが大事

ハンドメイドのエプロンはデザインが大事

ハンドメイドでエプロンを作るとき、型紙を切るとほぼ完成してしまいます。つまりは、型紙のデザインで大部分が決まると言えます。その他ポケットの位置であったり、傷みにくい部分をしっかり補強するなどして作っていきます。

型紙を用意してパーツを切り分ける

昔であれば、洋服は自分で作ることもあったようです。最近は既製品が非常に安くなっているので、手間を考えると自分で作る人は少ないかもしれません。ただ、自分で作れば、自分の好みのデザインなどで作ることができます。洋服は難しくても、ハンドメイドのエプロンであればそれほど難しくありません。型紙を用意して、その通りに裁断するようにします。場合によっては、裁断しただけでほぼ完成状態になることもあります。切っただけでは端からほつれることがあるので、端の部分を折り返して縫い付けておきます。後は首をかける紐、後ろで結ぶ紐を付ければ完成です。

使うのに便利なポケットを付ける

記事のイメージ画像

お母さんのアイテムとしてエプロンがあります。料理をするときだけしている人もいますが、家事全般をする時に常にしている人もいます。つまりは洋服の一部です。来ている洋服を汚さない目的もありますが、それ以外の目的もあります。ハンドメイドで作るなら、使いやすくするためのポケットを付けてみましょう。たくさんのものを入れたいなら、大きめのポケットを一つつけることもありますし、小物をいくつか入れておきたいなら、小さめのポケットを複数作ることもあります。自分自身やプレゼント相手の要望を聞いておけば、より喜んでもらいやすいものを作ることができます。

生地や縫い方を考えながら作ってみる

小学生の家庭科の時間でも作ることがあるのがエプロンです。基本的には切って少し縫うだけなので、誰でも簡単に作ることができます。しかし、せっかく作るのであれば使いやすいもの、傷みにくいものが良いでしょう。ハンドメイドで作るなら、縫い方を考えて作るようにすることを考えましょう。紐の部分は引っ張ったり結んだりするので、どうしても傷みやすくいとも切れやすいです。ですから、しっかり縫い付ける必要があります。生地は薄いものより厚手のものを選ぶと、汚れなどが下の服などにつきにくいです。厚手だと加工は大変になりますが、使い勝手はよくなります。

まとめ

ハンドメイドのエプロンは、自分で使うのにも良いですし、プレゼントをするのにも良いでしょう。切って縫うだけでできるので、いろいろ工夫をしてみましょう。ポケットをどうつけるかでセンスがわかれます。大きなものを一つなどがあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる
手芸の種類は糸や毛糸を使うもの
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸初心者の方には編み物がおすすめ
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸のアップリケは糸とアイロンがある
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドを販売する場所の確保方法
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイド作品を委託で販売してもらう
ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ