初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる

初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる

記事のイメージ画像

趣味に手芸を始めたいが何から始めたらいいかわからない方は多いでしょう。なんとなく手芸屋さんに行ってみても糸や布がたくさん並んでいるだけでやりたいことはなかなか決まりません。そんな初心者の方は一度キットを購入してみましょう。

手芸キットの道具は繰り返し使ってみる

キットは前と後ろの糸を入れ替えていくだけでマフラーの編めるマフラーキットや針を用意して作り方通りにマスコットが作れるものなど様々用意されています。まずは自分の作りたい簡単そうなものから始めてみましょう。一個作る分の素材は全てキットの中に含まれているので特別な準備は必要ありません。針や糸のみ別売りの場合があるのでその場合は思い切って指定の針や糸だけ買ってみることをお勧めします。一つ作れてしまえば同じ材料をそろえれば同じものはいくつでも作れることになります。色や形を変えるなど自分なりのアレンジをしてみたいと思えたらキットは卒業です。

初心者向けの本を頼って勉強する

ある程度縫ってみたい、編んでみたいなどの希望が決まっている場合は初心者向けの本を購入することをお勧めします。パターン集を選んでしまうと使うのが難しくなるので実用的な小物の作り方が並んでいる本にするのがいいです。初心者向けのとタイトルについたものを選んで中身を見て気に入ったもので構いません。図面に書いてある記号の意味を説明してくれるものや用具の選び方の目安を教えてくれるものなどにすると基本の知識も一緒に身に着けられます。パターンを覚えてしまえばそれほど難しくないものがほとんどなので失敗を繰り返しながらでも作ってみましょう。実用的なものを選ぶと作ったものをすぐ使うことができ満足感を得ることができます。

慣れるまでは何度もやり直してみる

作った作品に気に入らない点がある場合はちょっともったいないかもしれませんが途中でやめてほどいてしまうことも必要です。何が気に入らないのか分析して同じものをやり直すことで上達につながります。同じ失敗を繰り返さないようにする努力がコツをつかめるポイントになります。全てやり直さなくて済む方法を考えるのも勉強です。今後同じような失敗をしたときに手戻りを減らして修正できる方法を一緒に見つけてしまいましょう。大きな作品を作る際に必ず役に立ちます。根気よく修正を繰り返すことで自分なりの加減が把握できるようになります。

まとめ

手芸で納得のいく作品が作れるようになるとアイデアもどんどん浮かんできて本に頼らないオリジナルのものを作ることができます。初心者さんがいきなりオリジナルのものから始めるとハードルを上げてしまうだけです。真似から始めて自分の作品が作れるように上達しましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
手芸の種類は糸や毛糸を使うもの
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸初心者の方には編み物がおすすめ
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸のアップリケは糸とアイロンがある
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドを販売する場所の確保方法
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイド作品を委託で販売してもらう
ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ
ハンドメイドのエプロンはデザインが大事