手芸の種類は糸や毛糸を使うもの

手芸の種類は糸や毛糸を使うもの

手芸を趣味で行う人は多いです。どんな種類があるか知っておくと良いでしょう。糸や毛糸と布を組み合わせて行うことが多くなりそうです。芸術性を優先させて作ることもあれば、セーターなどのように実用的なものを作ることもあります。

布と糸を使って布を縫い合わせて行う

布は、自然に存在するものではありません。布の元になる糸があり、それが編まれて作られます。それなら最初から希望の形に作ればよいように感じますが、あまり効率が良くありません。まずは単純な形の布が作られ、服などを作るときはそれらを切って、好みの形に切ったり、縫い合わせたりして使うことになります。手芸の種類としては、糸を使って布を縫い合わせるものがあります。洋服を作ることもありますが、それよりもパッチワークやキルトといわれるものが知られています。小さく切った布を縫い合わせて一つの布にしていきます。作った布からカバンなどをを作ることもありますし、縫い合わせた状態で芸術性を競うこともあります。複雑になると難しくなります。

布にたくさんの色を組み合わせて行う

裁縫をするときには糸を使います。基本的な糸の色は黒や白になります。縫い合わせたい素材に合わせ、目立ちにくい方の糸を使います。でも、もっといろいろな色が売られていることがあります。手芸の種類として、刺繍によってつくるものがあります。布に対して、色を塗っていくようにそこに糸をどんどん縫い合わせていきます。そのために多くの色の糸が必要になります。布と針と糸を使いますが、この作業で衣類などを作るわけではないことに注意しましょう。出来上がれば、それをカバンの一部に貼り付けたり、洋服の一部に貼り付けることもあります。

毛糸を編み込んで制作物を作る作業

冬に使うことが多い衣類として、セーターやマフラー、手袋などがあります。それぞれの素材は様々です。よく使われるのは毛糸です。衣類といえば、布を切って縫い合わせることが多いですが、セーターなどは毛糸を編んで作ります。毛糸はそれなりに太いですから、細い糸で布を作っていくよりかは簡単に作ることができます。手芸の種類としては、毛糸などから作る編み物があります。簡単なのはマフラーです。幅を決めれば、後はどんどん編んでいくだけです。その中に模様などを付けることもできます。セーターや手袋になると難易度がアップするので、徐々に挑戦すると良いかもしれません。

まとめ

手芸の種類は非常に多くあります。よく知られているのは、糸と布を使う方法です。キルトやパッチワークなど布をどんどんつなげるものや、刺繍のように糸で描く方法もあります。毛糸のみをつかって制作物を作ることもあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手芸は誰でも簡単に始めることが出来る
手芸の教室に通うとどんなメリットがあるか
手作りの作品づくりに便利な手芸キット
手芸に関する情報はブログで集める
初心者におすすめのリボンを使った手芸
初心者の手芸はキットや本から始めると勉強できる
手芸を始める時には専門の本で学ぶ
手芸用品や材料の購入に便利なアプリ
手芸作品のアトリエを開いてみましょう
簡単に作ることができる手芸やアクセサリー
手芸を始めるのなら使いやすいアイロンの購入をしましょう
手芸初心者の方には編み物がおすすめ
手芸関連のアルバイト求人を探すには
手芸のアップリケは糸とアイロンがある
手芸の意味は必要なものを作るだけでなく趣味もある
ぜひ参加してみたい手芸イベント
手芸で作るものに合わせて糸を選ぶ
ハンドメイドを販売する場所の確保方法
ハンドメイドのイヤリングをインターネット通販で購入できます
ハンドメイドのエプロンの作り方は低コストで機能的に作ることが出来ます
皮革や布を使えばバッグをハンドメイドで作製できます
ハンドメイドの材料を購入するなら通販で
ハンドメイド作品のアイデアを得る方法を知る
ハンドメイド作品を委託で販売してもらう
ハンドメイドの作品を賢い売り方で売る
ハンドメイドで愛のこもったおもちゃ
ハンドメイドのエプロンはデザインが大事